Top >  顛末書の書き方 >  顛末書の書き方とは?

顛末書の書き方とは?

今回は顛末書の書き方についてご説明差し上げます。

顛末書は報告書に似ています。

発生した不始末に関して、ただ淡々と、客観的な事実を書いていきます。

始末書と違って、懲戒的な色合いもなければ、許しを請う言葉も必要ありません。

顛末書の目的は、不始末が生じたいきさつや原因をはっきりさせて、再発の防止や反省材料として役立てることです。

そのため、顛末書のなかには必ず反省や謝罪の言葉を添えます。

では、以下に顛末書の基本構成を見ていきます。

顛末書に書く三点の流れ

1. 不始末の概要 (例. 会社の車で事故を起こした)
2. 不始末のいきさつ、理由 (例. 考え事に気をとられていたため)
3. お詫び・反省の弁 (例. 今後十分に注意いたします)

以上が顛末書の三本柱です。

②の「不始末のいきさつ、理由」は、通常箇条書きにします。

この段階で、③まで書かずに終わらせることもできますが、提出を求められた意味を考え、「お詫び・反省の弁」へとつなげて締めくくるほうが好印象を与えます。

また、顛末書を書くための三つのポイントをあげます。

1. 事実を客観的に書く。

これが顛末書の最大のポイントです。

許しを請う必要がないため、ただ事実のみをつらつらと書きます。

2. 発生したトラブル・不始末の一部始終を、簡潔に、しかし抜かりなくしっかりと書く。

簡潔でありながらも、「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように」という点を正確に書く必要があります。

3. 白無地または白地に罫線の入った、B5判の便箋に書く。

会社の事務用箋でもかまいません。

通常は横書きで、1枚にまとめるようにします。

ただし、会社によっては顛末書のフォーマットが決まっている場合がありますので、必ず事前にそちらのほうを確認しておきましょう。

以上の点に気をつけて、顛末書を書きましょう。
スポンサードリンク

その他顛末書の書き方,報告書,客観的,始末書,懲戒的の情報

顛末書とは?

顛末書とは何かご存知ででしょうか?「てんまつしょ」と読みます。

顛末書のサンプルについて

顛末書サンプルと書き方についてご紹介したいと思います。まず、顛末書の全体的な注意事項としましては主観的に書くのではなく、あくまでも客観的に書くということです。事実のみを時系列に沿って正確に書きましょう。ウソを書いてはいけないのはもちろんのことです。

顛末書の文例とは?

顛末書とは何か?
事件や物事が解決した時提出する事のすべてを報告する一種の反省文みたいなものです。

顛末書の書式をご紹介します

始末書(顛末書)は、自分が過失を犯したときに会社に対してお詫びをするための文書です。

ビジネス文書の書き方・種類

今回は、ビジネス文書の一般的な書き方について見てみましょう。

始末書と顛末書の違い

始末書と顛末書の使い分けについてご説明差し上げます。

顛末書の一例

顛末書の例文を一つ例にあげます。

顛末書の様式とは?

以下は顛末書の様式です。

業務上顛末書を書く場合

顛末書(てんまつしょ)は、業務上、以下の■のような場合に提出を求められます。


顛末書の書き方

あまり馴染みのない顛末書ですが、不意に必要になることもあるかもしれません。そこで、顛末書の書き方を簡単に説明します。

関連エントリー

顛末書の書き方とは?