Top >  顛末書の文例 >  顛末書の文例とは?

顛末書の文例とは?

顛末書とは何か?
事件や物事が解決した時提出する事のすべてを報告する一種の反省文みたいなものです。

顛末とは物事の一部始終の意味。

顛末書には不祥事や事件業務上の過失などを放置することなく原因や経過を明らかにすることにより問題の再発を防ぐという効果があります。

なので会社側としてもこれを形式的に書かせるだけではなく責任を持って顛末書の意味を知りきちんと起こったことに対して責任を持っていかなければならないと思います

顛末書のサンプル 文例を示します。

顛末書 ←タイトル
       平成△年×月×日 ←日付

商品部長  ○○○○殿 ←相手の名前
                                      
平成△年○月○日、
株式会社△△△より受注しました商品
「■■■」に関して、10ケースの内、
2ケースに合計2個の欠品が発生しましたので
調査結果を下記の通りご報告いたします。

(事件・事故の顛末を語る)
               記

1.当社商品部担当○○は、
○月○日に株式会社△△△より受注数10ケースを確認し、
発送の準備に取りかかった。


2.当日は検品作業員の急病により、
アルバイト要員が代替し、
書面をきちんと確認せずに納品手続きをとった。


3.今後は二度とこのようなことがないように、
監督業務を徹底すること、
納品のチェックは必ず二名以上で行うことを、
ここに固くお誓い申し上げる次第です。

以上が顛末書の文例です。

顛末書を書くことになったときは、慌てることなく対処しましょう。
スポンサードリンク

その他顛末書の文例,反省文,不祥事,事件業務,原因や経過の情報

顛末書とは?

顛末書とは何かご存知ででしょうか?「てんまつしょ」と読みます。

顛末書の書き方とは?

今回は顛末書の書き方についてご説明差し上げます。

顛末書のサンプルについて

顛末書サンプルと書き方についてご紹介したいと思います。まず、顛末書の全体的な注意事項としましては主観的に書くのではなく、あくまでも客観的に書くということです。事実のみを時系列に沿って正確に書きましょう。ウソを書いてはいけないのはもちろんのことです。

顛末書の書式をご紹介します

始末書(顛末書)は、自分が過失を犯したときに会社に対してお詫びをするための文書です。

ビジネス文書の書き方・種類

今回は、ビジネス文書の一般的な書き方について見てみましょう。

始末書と顛末書の違い

始末書と顛末書の使い分けについてご説明差し上げます。

顛末書の一例

顛末書の例文を一つ例にあげます。

顛末書の様式とは?

以下は顛末書の様式です。

業務上顛末書を書く場合

顛末書(てんまつしょ)は、業務上、以下の■のような場合に提出を求められます。


顛末書の文例

顛末書というものをしっかり理解した上で、不祥事の原因や経過が明らかになるように書きましょう。ここでは顛末書の文例を提示します。

関連エントリー

顛末書の文例とは?