Top >  ビジネス文書と顛末書 >  ビジネス文書の書き方・種類

ビジネス文書の書き方・種類

今回は、ビジネス文書の一般的な書き方について見てみましょう。

相手に正確に伝えるため、さらに記録に残すのがビジネス文書の目的です。

■社外文書

会社を代表して作るものなので、正確さはもちろんのこと、より礼儀を重んじる文書となります。時候の挨拶を交えつつも、簡潔に分かりやすくまとめます。


<社外文書の種類>
・依頼状、回答書、請求書、注文書、確認状など
・侘び状、抗議状、督促状、反駁状、断り状など
・挨拶状、案内状、招待状、紹介状、祝い状、弔慰状など

■社内文書

社内に向けての文書なので、形式よりも簡潔さ、分かりやすさを重視。儀礼的な挨拶文などは、必要ありません。

・指示文、通達文、辞令など
・稟議書、報告書、企画書、顛末書、始末書など

ビジネス文書は、一般的にはA4で横書きにします。「伝えたい内容を正確に書く」ことが一番大切ですから、難解な表現を避け、分かりやすく書くように心がけましょう。文章は、「です・ます調」で統一するのが一般的です。場合によっては、「である」調を使うこともあります。

文書の頭には件名をつけ、何についての文書か一目でわかるようにします。数字を用いる際は、アラビア数字を使います。ただし、万の単位を超える区切りのよい数字の場合は、○万とし(例:20万本)、それ以外は、3ケタごとにカンマで区切りましょう。(例:123,400本)

ビジネス文書では、1つの文書にいくつもの要件をまとめて書くのはNGです。1つの文書につき、用件は1件が原則です。

■用紙:A4 横書き
■文書スタイル:文頭に件名をつける。1つの文書に要件は、1つ。
■文調:「です・ます」もしくは、箇条書きや段落などで、分かりやすさを追求する場合は、「である」調。
■数字:アラビア数字

以上がビジネス文書の書き方です。顛末書もビジネス文書の一種です。書き方をしっかり頭にいれておきましょう。
スポンサードリンク

その他ビジネス文書,社外文書,社内文書,稟議書,企画書の情報

顛末書とは?

顛末書とは何かご存知ででしょうか?「てんまつしょ」と読みます。

顛末書の書き方とは?

今回は顛末書の書き方についてご説明差し上げます。

顛末書のサンプルについて

顛末書サンプルと書き方についてご紹介したいと思います。まず、顛末書の全体的な注意事項としましては主観的に書くのではなく、あくまでも客観的に書くということです。事実のみを時系列に沿って正確に書きましょう。ウソを書いてはいけないのはもちろんのことです。

顛末書の文例とは?

顛末書とは何か?
事件や物事が解決した時提出する事のすべてを報告する一種の反省文みたいなものです。

顛末書の書式をご紹介します

始末書(顛末書)は、自分が過失を犯したときに会社に対してお詫びをするための文書です。

始末書と顛末書の違い

始末書と顛末書の使い分けについてご説明差し上げます。

顛末書の一例

顛末書の例文を一つ例にあげます。

顛末書の様式とは?

以下は顛末書の様式です。

業務上顛末書を書く場合

顛末書(てんまつしょ)は、業務上、以下の■のような場合に提出を求められます。


ビジネス文書と顛末書

顛末書はれっきとしたビジネス文書のひとつです。ここでは顛末書以外にもビジネス文書の書き方について説明します。

関連エントリー

ビジネス文書の書き方・種類