Top >  始末書と顛末書 >  始末書と顛末書の違い

始末書と顛末書の違い

始末書と顛末書の使い分けについてご説明差し上げます。

始末書と顛末書って違いが分かりますか?

【始末書】

業務などにおいて過失や規程違反を犯した者が、事実関係を簡潔にしるし、お詫びと二度と起こさないということを誓約させるための文書。

【顛末書】

業務などにおいて過失や規程違反を犯した者が、一部始終を報告するために提出する文書。

始末書は過失に至った経緯の報告と「謝罪」を誓約するものであり、顛末書は単に事実関係の報告を行うものとなります。

民間会社は「謝罪や反省の文を書け」と強制することはできません。

なぜなら、個人の意思の自由が尊重されるからです。

始末書は、労働者の自由な意思や感情にまで及ぶものなので、会社が謝罪の文書を強制的に提出させることはできず、顛末書は報告書であるため、業務命令の一環として命じることができます。

始末書の構成は、その性質より、事実経過の部分と、謝罪・反省の部分に分けられます。

民間会社で何か事件が起こった場合に、再発防止の意味を込めて、始末書を従業員と合意の基作成した方がいいと判断される場合があります。

しかし、従業員と始末書の作成について合意が得られなかった場合には、顛末書に転じて事実関係のみを報告させると言うことは要求できます。

このように、混同されがちな始末書と顛末書ですが、違いがあります。

ビジネスマナーの一つとして覚えておきましょう。きっと役にたつはずです。(たたないほうがいいのかな?)

その他始末書と顛末書,規程違反,一部始終,事実経過,ビジネスマナーの情報

顛末書とは?

顛末書とは何かご存知ででしょうか?「てんまつしょ」と読みます。

顛末書の書き方とは?

今回は顛末書の書き方についてご説明差し上げます。

顛末書のサンプルについて

顛末書サンプルと書き方についてご紹介したいと思います。まず、顛末書の全体的な注意事項としましては主観的に書くのではなく、あくまでも客観的に書くということです。事実のみを時系列に沿って正確に書きましょう。ウソを書いてはいけないのはもちろんのことです。

顛末書の文例とは?

顛末書とは何か?
事件や物事が解決した時提出する事のすべてを報告する一種の反省文みたいなものです。

顛末書の書式をご紹介します

始末書(顛末書)は、自分が過失を犯したときに会社に対してお詫びをするための文書です。

ビジネス文書の書き方・種類

今回は、ビジネス文書の一般的な書き方について見てみましょう。

顛末書の一例

顛末書の例文を一つ例にあげます。

顛末書の様式とは?

以下は顛末書の様式です。

業務上顛末書を書く場合

顛末書(てんまつしょ)は、業務上、以下の■のような場合に提出を求められます。


始末書と顛末書

始末書と顛末書の違いを明確に分かっている人はあまり多くないかもしれません。この機会に両者の違いをしっかり把握しておきましょう。

関連エントリー

始末書と顛末書の違い